• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CES/PMA】キヤノン、18.7mm×14.0mmの大判センサ搭載のコンパクト・カメラ「PowerShot G1 X」を発表

【CES/PMA】キヤノン、18.7mm×14.0mmの大判センサ搭載のコンパクト・カメラ「PowerShot G1 X」を発表

  • 久米 秀尚=日経エレクトロニクス
  • 2012/01/12 01:25
  • 1/1ページ
図1 18.7mm×14.0mmの大判センサを採用した「PowerShot G1 X」
図1 18.7mm×14.0mmの大判センサを採用した「PowerShot G1 X」
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンは、18.7mm×14.4mmと大判のCMOSイメージ・センサを搭載したコンパクト型デジタル・カメラ「PowerShot G1 X」を発表した。現在開催中の「2012 International CES」で実機を初披露した(図1~3)。米国では2012年2月に、799.99米ドルで販売を開始する予定という。

 同社は、高級コンパクト機として「PowerShot G」シリーズを展開している。今回発表したG1 Xも外観デザインを従来機から踏襲しているが、搭載する撮像素子を大幅に見直した。2010年10月に発売した従来機「PowerShot G12」では、1/1.7型で1000万画素のCCDを搭載していた。

 これに対してG1 Xでは、1.5型(18.7mm×14.4mm)で1430万画素のCMOSイメージ・センサを採用した(図4)。センサの寸法は、オリンパスやパナソニックがミラーレス・カメラで採用している「マイクロフォーサーズ」の17.3mm×13.0mmよりも大きい。

 光学4倍ズームレンズで、焦点距離は28mm~112mm相当(35mmフィルム判換算)。F値は2.8~5.8である。レンズ構成は10群11枚で、光学系には両面非球面の「Ultra high refractive index Aspherical(UA)」レンズなどが含まれている。絞り羽根は6枚。

 感度はISO100~12800。画像処理エンジンには「DIGIC 5」を採用した。液晶ディスプレイは可動(バリアングル)式で3型92万画素の「PureColor II VA LCD」である。ズームに連動する光学ファインダーも備える。外形寸法は116.7mm×80.5mm×64.7mm。電池やメモリ・カードを含む質量は約534gである。

 なお、米国最大のカメラ関連展示として例年単独開催されていた「PMA」は今回、CESと併催になっている。

図2 背面
図2 背面
[画像のクリックで拡大表示]
図3 上面
図3 上面
[画像のクリックで拡大表示]
図4 大型センサを搭載していることをアピール
図4 大型センサを搭載していることをアピール
[画像のクリックで拡大表示]
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓