家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CES】シャープが米国市場に80型の液晶テレビを投入、価格は6499米ドル

佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2012/01/11 19:02
印刷用ページ
図1 シャープの80型液晶テレビ(プレスカンファレンスの写真)
図1 シャープの80型液晶テレビ(プレスカンファレンスの写真)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 シャープの80型液晶テレビ(展示ブースでの写真)
図2 シャープの80型液晶テレビ(展示ブースでの写真)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 80型の電子黒板「AQUOS Board  PN-L802B」(展示ブースでの写真)
図3 80型の電子黒板「AQUOS Board PN-L802B」(展示ブースでの写真)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 シャープは、80型の大画面サイズの液晶テレビ「LC-80LE844U」を米国市場に投入する。市場想定価格は6499米ドル。米国市場には、「60型以上の新製品を17機種を投入する」(同社 常務執行役員 米州本部 本部長 兼 シャープ・エレクトロニクス・コーポレーション 会長 兼 社長の高橋興三氏)計画という。

 80型品は、240Hz駆動で1920×1080画素の液晶パネルを搭載。カラー・フィルタは、RGBにY(イエロー)を加えた4色品を用いる「クアトロン」技術を採用する。バックライトは白色LEDをパネルの背面に配置する「直下型」である。3D映像の表示や、無線LAN機能に対応する。

 シャープが、80型の液晶テレビの発売に踏み切った背景には、米国市場で60~70型品の販売が好調なためだ。2011年度には、米国だけで100万台を超える見通しという。さらには、堺工場の第10世代(2880mm×3130mm)のマザーガラスからは、大型パネルを効率よく製造できるのも追い風となった。

 同社はさらに、80型の電子黒板「AQUOS Board PN-L802B」も発表した。OSには米Microsoft社の「Windows 7」を、プロセサには米Intel社の2.4GHz駆動のデュアルコア品を採用する。市場想定価格は1万3795米ドル。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング