家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【CESプレビュー】Broadcomが標準化終了を待たずにIEEE802.11ac対応ICを発売へ《訂正あり》

中道 理=日経エレクトロニクス
2012/01/06 14:31
印刷用ページ

 米Broadcom社は2012年1月5日(米国時間)、伝送速度で1Gビット/秒を超える無線LANの規格、IEEE802.11acに対応したICを開発したと発表した。同年1月10~13日に米国ラスベガスで開催される「International CES 2012」でパートナーとともに展示する。

 開発したのは、IEEE802.11nの2倍の帯域幅である80MHz、256QAMの変調速度、3ストリームを採用することで最大1.3Gビット/秒を達成する無線LAN用IC。40nm級のプロセス・ルールをベースに設計している。既存の無線LAN規格であるIEEE802.11a/b/g/nと相互接続性を持つ。

 製品としてはUSBを使ってパソコンや家電機器に接続することを想定したBCM43516、BCM43526と、PCI Express 2.0を使ってルータやアクセス・ポイント、パソコン、家電機器に内蔵することを想定したBCM4352、BCM4360の4種類がある。BCM4360は3ストリームを使って最大1.3Gビット/秒、BCM4352とBCM3526は2ストリームを使って最大867Mビット/秒、BCM43516はMIMOを使わず最大433Mビット/秒の伝送速度を達成できる。

 現在、802.11acはIEEE802.11委員会で標準化作業中であり、ドラフト1.0がまとまった段階である。Broadcom社はドラフト1.0準拠で製品化したものと見られる。台湾ASUSTeK Computer社、米Belkin International社、米D-Link Systems社、中国Huawei Technologies社、中国Lenovo社、韓国LG Electronics社、米Motorola社、中国ZTE社、バッファローなどが、ニュース・リリースにおいてコメントを寄せていることから、こうした企業から今回のICを搭載したルータやパソコンが登場すると見られる。

■変更履歴
初出時、2パラグラフ目に、「3×3MIMO(3ストリーム)」と表記しておりましたが、アンテナを3本以上利用して3ストリームを流している可能性を考慮し、「3×3MIMO」という表記を削除いたしました。本文は訂正済みです。
【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング