• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 【セミコン・ジャパン】ファブライト化時代のテストの課題、三つの立場から6名が意見

【セミコン・ジャパン】ファブライト化時代のテストの課題、三つの立場から6名が意見

  • 小島 郁太郎=Tech-On!
  • 2011/12/08 01:59
  • 1/1ページ
かつての日本では、LSIのテストは、基本的にIDM(integrated device manufacturer)のテスト部門がもっぱら担当していて、他の部門や外部委託先との関係は基本的に薄かった。最近はその状況が変わってきている。LSIの複雑化や前工程(ウエハー処理)の外部委託化(いわゆるファブライト化)が背景にある。そして、永遠の課題であるコストの削減要求は強まることはあっても、鎮まる気配はまったくない。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓