• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【セミコン・プレビュー】アルバックがNiやCoのCVD装置を開発、3D-NANDやCu配線ライナー層向け

【セミコン・プレビュー】アルバックがNiやCoのCVD装置を開発、3D-NANDやCu配線ライナー層向け

  • 長廣 恭明=Tech-On!
  • 2011/12/01 15:51
  • 1/1ページ
アルバックは、ニッケル(Ni)やコバルト(Co)を成膜できるCVD装置「ENTRON-EX2 W300 CVD-Ni/CVD-Co」を開発した。3次元(3D)構造のNANDフラッシュ・メモリー・セルや20nm以降のメタル配線、フィンFETなどへの応用を想定している。「Semicon Japan 2011」(2011年12月7~9日、幕張メッセ)に出展し、2012年4月に販売を開始する。まずは開発向けとして半導体メーカーへ数台を出荷、各社のプロセスに合わせて装置性能を向上させ、2013年以降の量産装置納入を目指す。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓