アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

Micron西脇工場を買収したTowerJazzに聞いた、「世界一の生産品質が決め手」

大下 淳一=日経エレクトロニクス
2011/06/07 18:34
印刷用ページ
 アナログ半導体を中心とする分野特化型ファウンドリー企業として業界最大手のイスラエルTowerJazz社は2011年6月5日に、米Micron Technology社がDRAM製造拠点としてきた西脇工場(兵庫県西脇市)の買収手続きを完了した。200mmウエハーで6万枚/月の生産能力を持つ同工場を手中にすることで、TowerJazz社はイスラエルや米国などの生産拠点を含む全社の生産能力をほぼ倍増することになる。同社は、西脇工場の買収をテコに日本や韓国など東アジア地域の顧客を取り込み、全社売上高を2010年度の5億米ドルから、2014年度に10億米ドルと倍増させる狙いだ。西脇工場に目を付けた理由や事業の近況について、TowerJazz社CEOのRussell Ellwanger氏に聞いた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング