COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

【iPad 2分解 その2】前面ガラスの破損を食い止めたアイロン

日経エレクトロニクス分解班
2011/04/13 14:38
印刷用ページ
<b>マイナス・ドライバーをねじ込んでいるところ</b><br />ガラスが大きくたわんでしまっている。
<b>マイナス・ドライバーをねじ込んでいるところ</b><br />ガラスが大きくたわんでしまっている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
<b>ガラスに入ってしまったヒビ</b><br />ドライバーを差し込んでいたところからヒビが広がっている。
<b>ガラスに入ってしまったヒビ</b><br />ドライバーを差し込んでいたところからヒビが広がっている。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
<b>アイロンで温めているところ</b><br />熱を加えることで、前面ガラスが外れやすくなった。
<b>アイロンで温めているところ</b><br />熱を加えることで、前面ガラスが外れやすくなった。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
<b>前面ガラスを外したところ</b><br />アイロンのおかげで、何とか形状を保ったまま外すことができた。
<b>前面ガラスを外したところ</b><br />アイロンのおかげで、何とか形状を保ったまま外すことができた。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 iPad 2には、初代iPadと同様に外に露出しているネジはない。このため、分解しようとすればこじ開けるしかない。そこで、Al合金製の筐体と前面ガラスの間にカッターナイフの刃を差し込んで隙間を作り、その隙間をマイナス・ドライバーで徐々に広げていった。

 「妙に固いな」。フタがはめ込まれた機器をこじ開ける場合、フタが少し開けばあとは比較的楽に外れるのが普通だ。しかし、iPad 2の前面ガラスと筐体との隙間はなかなか広がらない。前面ガラスが大きくたわむ。大丈夫だろうか。

 そのとき「ピシッ」と鋭い音を立ててガラスにヒビが入った。「壊してしまった」。分解班の間に失望感が広がる。それでも作業を続けていると、どんどんヒビが大きくなっていく。前面ガラスの一つの角は、割れてボロボロになってしまった。

 「完全に壊して取り外すか」と皆が思い始めていたとき、撮影のために同席していたカメラマンが有力な情報を突き止めた。撮影画像の保存用に持ってきていたノート・パソコンで、他のiPad 2分解事例を調べてくれたのだ。その事例では、前面ガラスを取り外す際にドライヤーで熱を加えていた。どうやら前面ガラスははめ込まれているのではなく接着されており、熱でその接着力を弱めているようだった。

 しかし、手元にドライヤーはない。代わりに見つかったのはアイロンだった。そこで、iPad 2の上に紙を敷き、アイロンで温めることにした。確かに熱を加えてみると、接着力が弱くなるようだった。温めながら、ヒビが広がらないよう慎重に剥がしていく。ほどなく前面ガラスを外すことに成功した。

 ガラスの裏面を見ると、実際に接着に使われていたのは両面テープだった。前面をテープで接着するのは、中国メーカー製の「iPadモドキ」によく見られた手法である。本家が模倣品と同様の手法を採用していたのだ。

その3に続く)

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング