家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

iPhone 4の電波受信トラブルは「プログラムが原因」、Appleが釈明

Tech-On!
2010/07/05 16:48
印刷用ページ

 米Appleは米国時間2010年7月2日、最新スマートフォン「iPhone 4」の受信状態に関するトラブルについて、プログラムが原因であるとし、修正ソフトウエアを無償配布すると発表した。

 同社はユーザー宛ての公開書簡で、iPhone 4が持ち方によって受信状態が著しく悪化することについて調べた結果、電波強度をバーで表示するプログラムの計算式が間違っていたことが判明したと説明。実際の受信状況より2本多くのバーが表示されるようになっていたという。

 この計算式の問題は初代iPhoneから影響が出ていたもので、修正ソフトウエアを適用することで「電波状況を示すバーがより正確に表示されるようになる」(Apple)。iPhone 4のほか、「iPhone 3GS」「iPhone 3G」も適用対象となる。

 同社は、「不安を抱かせてしまった顧客に謝罪する」と述べ、不満が残る場合は、購入後30日以内であれば、壊れていないiPhone 4の返品および全額返金に応じるとしている。

 iPhone 4は、6月24日に米国をはじめとする世界5カ国で販売開始したが、端末の左下方側面の金属部分を覆うように持つと受信状態が悪くなるとの報告が相次いだ(関連記事:iPhone 4に苦情相次ぐ、「側面の金属部分に触れると受信が不安定に」)。iPhone 4の側面にはアンテナが組み込まれており、この設計が原因であるとの指摘もある。一方で、(新設計により)iPhone 4の受信はiPhone 3GSより優れているとの報告も多く、Appleはあくまでもプログラムが原因であることを強調している。

[発表資料へ]

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング