• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > 「超伝導と磁性の相性は悪くない」,IBMなどが超伝導体へのスピン注入を実証

「超伝導と磁性の相性は悪くない」,IBMなどが超伝導体へのスピン注入を実証

  • 大下 淳一=日経エレクトロニクス
  • 2010/06/07 02:00
  • 1/1ページ
 米IBM Corp.と日本原子力研究開発機構,東北大学の研究グループは共同で,超伝導体へのスピン注入現象を実証した。従来,電気抵抗がゼロになる超伝導現象は,電子スピンの秩序が生み出す「磁性」とは相容れないとされてきたが,「この考えを修正する結果」(日本原子力研究開発機構と東北大学)という。デバイス応用上は,「超伝導体中のスピンが,量子コンピュータの量子ビットの有力候補になることを示すもの」(同グループ)としている。
【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ