家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

イーソルが「eSOL for Android」を提供する狙い,「そろそろカーネルを見直そう」

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2010/03/02 20:25
印刷用ページ
 イーソルは2010年2月に「eSOL for Android」を発表した。eSOL for Androidは,米Google Inc.が開発した携帯電話機向けソフトウエア・プラットフォーム「Android」を,イーソルのリアルタイムOS「eT-Kernel」に移植するためのソフトウエアや技術サービスの総称である。具体的にどのようなソフトウエアを提供するのか,Androidが採用するLinuxをeT-Kernelに置き換える必要性はどこにあるのか。イーソルに聞いた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング