• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC続報】「LTEは小型品で攻める」,NECと京セラが体積12Lの小型LTE基地局を披露

【MWC続報】「LTEは小型品で攻める」,NECと京セラが体積12Lの小型LTE基地局を披露

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2010/02/22 20:40
  • 1/1ページ
図1 NECの開発したLTE基地局
図1 NECの開発したLTE基地局
[画像のクリックで拡大表示]
図2 京セラの開発したLTE基地局。体積は左が12L,右が20L
図2 京セラの開発したLTE基地局。体積は左が12L,右が20L
[画像のクリックで拡大表示]
図3 京セラが実施した無線伝送のデモ
図3 京セラが実施した無線伝送のデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 NECと京セラはそれぞれ,3.9世代移動体通信システム「LTE(long term evolution)」向けに,体積が12Lと小さい小型(マイクロセル型)の無線基地局を開発し,2010年2月15~18日にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2010」で披露した。
 
 NECが開発したLTE基地局は,制御機能であるREC(Radio Equipment Controller)と送信アンプ機能のRE(Radio Equipment)を一体化したもの。共に外形寸法が420mm×230mm×130mm,重さが12kgである。消費電力は125W以下。「基地局のカバー範囲は2km程度を想定している。事業者の試験用や商業施設への導入を計画する。要望があれば,すぐにでも対応していきたい」(同社の説明員)という。

 京セラの開発品は,外形寸法や重さ,消費電力はNECの開発品と同一である。京セラは開発品のカバー範囲として,半径500m程度を想定する。「マクロセル型(大型)のLTE基地局が設置された後に,境界部分の電波状況を改善するために使用したい。もちろん,小規模施設での導入もありえる」(同社の説明員)という。なお,京セラは体積が20LのLTE基地局を出展しており,1.5Gz帯を用いた無線伝送のデモを実施していた。下りの最大データ伝送速度は50Mビット/秒だった。

 なお,NECと京セラは今回のLTE基地局を,共同開発したかどうかについては明らかにしていない。

【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ