• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【MWC続報】「LTEは小型品で攻める」,NECと京セラが体積12Lの小型LTE基地局を披露

【MWC続報】「LTEは小型品で攻める」,NECと京セラが体積12Lの小型LTE基地局を披露

  • 佐伯 真也=日経エレクトロニクス
  • 2010/02/22 20:40
  • 1/1ページ
図1 NECの開発したLTE基地局
図1 NECの開発したLTE基地局
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 京セラの開発したLTE基地局。体積は左が12L,右が20L
図2 京セラの開発したLTE基地局。体積は左が12L,右が20L
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 京セラが実施した無線伝送のデモ
図3 京セラが実施した無線伝送のデモ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 NECと京セラはそれぞれ,3.9世代移動体通信システム「LTE(long term evolution)」向けに,体積が12Lと小さい小型(マイクロセル型)の無線基地局を開発し,2010年2月15~18日にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2010」で披露した。
 
 NECが開発したLTE基地局は,制御機能であるREC(Radio Equipment Controller)と送信アンプ機能のRE(Radio Equipment)を一体化したもの。共に外形寸法が420mm×230mm×130mm,重さが12kgである。消費電力は125W以下。「基地局のカバー範囲は2km程度を想定している。事業者の試験用や商業施設への導入を計画する。要望があれば,すぐにでも対応していきたい」(同社の説明員)という。

 京セラの開発品は,外形寸法や重さ,消費電力はNECの開発品と同一である。京セラは開発品のカバー範囲として,半径500m程度を想定する。「マクロセル型(大型)のLTE基地局が設置された後に,境界部分の電波状況を改善するために使用したい。もちろん,小規模施設での導入もありえる」(同社の説明員)という。なお,京セラは体積が20LのLTE基地局を出展しており,1.5Gz帯を用いた無線伝送のデモを実施していた。下りの最大データ伝送速度は50Mビット/秒だった。

 なお,NECと京セラは今回のLTE基地局を,共同開発したかどうかについては明らかにしていない。

【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ