家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

原案と同じ問題が内在---Google Book Searchの和解修正案に司法省が意見書

Tech-On!
2010/02/08 15:16
印刷用ページ

 米Googleの書籍全文検索サービス「Google Book Search(Google Books)」をめぐる集団訴訟で、Googleが作成した和解修正案について、米司法省は米国時間2010年2月4日、懸念を示す意見書をニューヨーク連邦地裁に提出したことを明らかにした。

 司法省は意見書の中で、「修正案には一定の改善がみられるものの、いまだ原案と同じ問題を抱えている」と指摘し、「Googleに著しく有利な立場がもたらされることになり、市場競争が阻害される恐れがある」と結論づけた。

 司法省がGoogleの書籍デジタル化をめぐる和解案に意見書を提出したのはこれが2度目。同省は2009年9月18日、Googleと作家団体が裁判所に提出した原案に対して、将来的なライセンスに関する制限(限定)条項を設けること、集団訴訟の当事者間における将来的な紛争の可能性を取り除くこと、無名の著作権者を保護すると同時に、外国の作家や出版社の懸念解消に取り組むこと、などを提案していた。

 Googleと作家団体などはその後、対象を米国、オーストラリア、カナダ、英国の4カ国で出版された書籍に限定することなどを盛り込んだ修正案を提出した(関連記事:「Google Book Search」巡る修正和解案,対象を英語圏4カ国に限定)。

 しかし司法省はその修正案について、「集団訴訟という仕組みを利用して今後のビジネス展開を狙ったもの。当該紛争の本題から大きくそれている」と批判。そのうえで、今後も当事者やほかの利害関係者とともに解決に向け取り組んでいくとし、この問題に積極的に関与する姿勢を示した。

[発表資料へ]

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング