COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

【ソーラー・ケータイ分解その1】話題の太陽電池ケータイを入手

日経エレクトロニクス分解班
2009/06/16 09:00
印刷用ページ
日経エレクトロニクス分解班が入手した「SOLAR PHONE SH002」。太陽電池モジュールの上にはシールが張ってあった。「ソーラー充電に関するご注意」などが記載されている
日経エレクトロニクス分解班が入手した「SOLAR PHONE SH002」。太陽電池モジュールの上にはシールが張ってあった。「ソーラー充電に関するご注意」などが記載されている
[クリックすると拡大した画像が開きます]
太陽電池モジュール表面のシールをはがした状態
太陽電池モジュール表面のシールをはがした状態
[クリックすると拡大した画像が開きます]
SH002の裏側。こちらにも多数の”注意書き”が書かれている
SH002の裏側。こちらにも多数の”注意書き”が書かれている
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 省エネ性の高い家電製品に「エコポイント」が付与されるなど,ちょっとした“エコ・ブーム”に沸く日本。そんな中,環境対策をウリにする携帯電話機が登場した。KDDIがauブランドの2009年夏モデルとして投入する携帯電話機「SOLAR PHONE SH002」(シャープ製)である。

 SH002は,筐体の背面部に太陽電池モジュールを搭載する携帯電話機だ(Tech-On!の関連記事1)。電池残量が少ない,もしくはゼロの場合に補助電源として利用できる。海外では既に,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.や韓国LG Electronics, Inc.が,2009年2月に開催された「Mobile World Congress 2009」で同じコンセプトの製品を発表済みであるが,国内では初となる(日経エレクトロニクスの関連記事)。

 KDDIによると,SH002の発売日は2009年6月4日だが,地域により異なるという(KDDIの発表資料)。念のため最寄りのauショップで確認すると,「東京都では6月5日に発売予定で,入荷数量は各色3台の合計9台しか入荷しない」との回答があった。

 そこで日経エレクトロニクス分解班は,発売日(2009年6月4日)の開店前にauショップに並んで,SH002を入手した。もちろん個人的に使用するわけではない。実際の使用感や太陽電池モジュールの実装技術を読者にお伝えするためだ。

 まずは,端末を取り出し実際に使用してみることにした。

――次回に続く――

(日経エレクトロニクスは2009年6月29日号に,「SOLAR PHONE SH002」の分解記事を掲載する予定です)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング