技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

シャープの液晶プロジェクターで発火事故,パナソニック,日本ビクターが販売した製品も回収

加納 征子=日経エレクトロニクス
2008/12/03 16:05
印刷用ページ
対象製品の確認方法
対象製品の確認方法
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 シャープは,同社が販売した液晶プロジェクター「XV-101T」で発火事故が発生したと発表した(発表資料)。2007年と2008年に,それぞれ1件の事故が発生したという。2件とも,電源プラグをコンセントに差し込んだ「スタンバイ」の状態で発火した。このうち1件は周囲の一部が焼損し,もう1件は天井・壁の一部が煤によって汚損した。しかし,いずれも人的被害はないとする。

 シャープは,今後の発生を未然に防止するため,XV-101TおよびXV-101Tと同じ仕様の3機種を回収する。さらに,シャープが設計・製造し,パナソニック,日本ビクターに供給した液晶プロジェクター2機種も回収する。ただし,パナソニック,日本ビクターが販売した機種では事故は発生していない。

 シャープは事故の原因を,電源基板内の電解コンデンサの一部が劣化したか,基板面の絶縁が低下したためと推定している。スタンバイの状態において電圧がかかる部位に,こういった絶縁の劣化が生じると,電圧がかかり続けることによってさらに劣化が進む。その結果,絶縁劣化部分で放電・リークが発生し,発煙・発火に至る可能性があるという。今回,回収する6機種は同型の電源基板を使用しており,同じ原因の事故が発生する可能性があるとする。

 シャープが回収する機種は,XV-101T,「PG-1000T」,「PG-X1000」,「XV-T1Z」の4機種。対象台数は,XV-101Tが7350台,PG-1000Tが987台,PG-X1000が500台,XV-T1Zが7062台である。シャープは,XV-101Tを1990年1月~1991年6月に,PG-1000Tを1990年4月~1991年3月に,PG-X1000を1990年11月~1991年5月に,XV-T1Zを1991年4月~1993年8月に製造していた。

 パナソニック,日本ビクターが販売した液晶プロジェクターで回収対象となるのは,パナソニックの「TH-100CV1」と日本ビクターの「VX-100T1」。TH-100CV1の対象台数は500台,VX-100T1の対象台数は200台である。シャープは,TH-100CV1を1991年7月~1991年8月に,VX-100T1を1991年12月~1992年1月に製造していた。






【お知らせ】セミナー「電気製品の事故原因究明と防止策~最近の製品事故の傾向と最新の分析
事故原因究明技術や再現試験方法について動画や各種解析画像をまじえて示し,製品事故の未然防止策を解説。2009年4月8日(水)開催。
【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング