• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > シャープの液晶プロジェクターで発火事故,パナソニック,日本ビクターが販売した製品も回収

シャープの液晶プロジェクターで発火事故,パナソニック,日本ビクターが販売した製品も回収

  • 加納 征子=日経エレクトロニクス
  • 2008/12/03 16:05
  • 1/1ページ
対象製品の確認方法
対象製品の確認方法
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは,同社が販売した液晶プロジェクター「XV-101T」で発火事故が発生したと発表した(発表資料)。2007年と2008年に,それぞれ1件の事故が発生したという。2件とも,電源プラグをコンセントに差し込んだ「スタンバイ」の状態で発火した。このうち1件は周囲の一部が焼損し,もう1件は天井・壁の一部が煤によって汚損した。しかし,いずれも人的被害はないとする。

 シャープは,今後の発生を未然に防止するため,XV-101TおよびXV-101Tと同じ仕様の3機種を回収する。さらに,シャープが設計・製造し,パナソニック,日本ビクターに供給した液晶プロジェクター2機種も回収する。ただし,パナソニック,日本ビクターが販売した機種では事故は発生していない。

 シャープは事故の原因を,電源基板内の電解コンデンサの一部が劣化したか,基板面の絶縁が低下したためと推定している。スタンバイの状態において電圧がかかる部位に,こういった絶縁の劣化が生じると,電圧がかかり続けることによってさらに劣化が進む。その結果,絶縁劣化部分で放電・リークが発生し,発煙・発火に至る可能性があるという。今回,回収する6機種は同型の電源基板を使用しており,同じ原因の事故が発生する可能性があるとする。

 シャープが回収する機種は,XV-101T,「PG-1000T」,「PG-X1000」,「XV-T1Z」の4機種。対象台数は,XV-101Tが7350台,PG-1000Tが987台,PG-X1000が500台,XV-T1Zが7062台である。シャープは,XV-101Tを1990年1月~1991年6月に,PG-1000Tを1990年4月~1991年3月に,PG-X1000を1990年11月~1991年5月に,XV-T1Zを1991年4月~1993年8月に製造していた。

 パナソニック,日本ビクターが販売した液晶プロジェクターで回収対象となるのは,パナソニックの「TH-100CV1」と日本ビクターの「VX-100T1」。TH-100CV1の対象台数は500台,VX-100T1の対象台数は200台である。シャープは,TH-100CV1を1991年7月~1991年8月に,VX-100T1を1991年12月~1992年1月に製造していた。






【お知らせ】セミナー「電気製品の事故原因究明と防止策~最近の製品事故の傾向と最新の分析
事故原因究明技術や再現試験方法について動画や各種解析画像をまじえて示し,製品事故の未然防止策を解説。2009年4月8日(水)開催。

おすすめ