• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「前工程と後工程が手を組んでSiPの開発/量産体制を構築すべき」,日本の半導体メーカーに提言

「前工程と後工程が手を組んでSiPの開発/量産体制を構築すべき」,日本の半導体メーカーに提言

  • 安保 秀雄=編集委員
  • 2008/11/26 16:02
  • 1/1ページ
小型で高機能のユニットを作ることができるSiP(system in package)が注目を集めている。しかし,SiPのメリットを最大限に生かし,業界全体が成長していくためには課題が残っていると指摘する声もある。NECでパッケージの開発や後工程ラインの運営に携わり,現在は弁理士として技術者や企業の支援にあたっている萩本英二氏に,現状と課題,今後の展望を聞いた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓