技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

LG Display,シャープらが液晶パネルのカルテルで米司法省に罰金

赤坂 麻実=Tech-On!
2008/11/13 10:52
印刷用ページ

 米国司法省(United States Department of Justice)は米国時間2008年11月12日,韓国LG Display Co., Ltd.,シャープ,台湾Chunghwa Picture Tubes, Ltd.(CPT)の3社が液晶パネルの価格カルテルへの加担を認め,総額5億8500万米ドルの罰金を支払うと発表した(発表資料)。3社は,今後の調査に協力することも約束した。

 2006年12月から日韓米の関係当局は,LG Display社や韓国Samsung Electronics Co.,Ltd.,シャープなど液晶パネルの主要メーカーを,価格カルテル疑惑で調査してきた(Tech-On!関連記事)。

 米司法省は,シャープとLG Display社とCPT社の3社が協力して米Apple Inc.や米Dell Corp.,米Motorola, Inc.に販売する液晶パネルの価格を操作したとしている。価格カルテルが行われていた2006年当時,液晶パネルの世界市場規模は700億米ドルだったという。

シャープは町田会長ら報酬の一部を自主返上

 シャープは,2001年4月~2006年12月にDell社のデスクトップ・パソコン用モニタとノート・パソコン向け,2005年秋~2006年中盤にMotorola社の携帯電話機「RAZR」向け,2005年9月~2006年12月にApple社の携帯型音楽プレーヤ「iPod」向け,それぞれの液晶パネルの価格操作を認め,罰金1億2000万米ドルを支払う。

 シャープはこの件で2008年11月13日,再発防止策を徹底し,信頼の回復に努めたいとのコメントを発表した(発表資料)。罰金は2008年10月~12月期決算に特別損失として計上する。また,この件と,日本や欧州でも同様の調査が進んでいることで,株主や関係者に心配をかけたとして,代表取締役会長ほか一部取締役は2008年12月から3カ月間,報酬の10~30%を自主返上するという。

 LG Display社と100%子会社の米LG Display America Inc.は,2001年9月~2006年6月に全世界で販売していたTFT液晶パネルの価格を操作したことを認め,罰金4億米ドルを支払う。

 CPT社は,2001年9月~2006年12月にLG Display社などと共謀し,全世界で販売していたTFT液晶パネルの価格を操作したことを認め,罰金6500万米ドルを支払う。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング