技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

ダビング10の延期を確認,総務省の委員会で村井主査

山田 剛良=日経エレクトロニクス
2008/05/29 21:20
印刷用ページ

 「早期の実施を目指すという立場は変わらない。新たな目標を早く設定できるようにしたい」。

 「6月2日午前4時」に予定されていた地上デジタル放送などの新しい著作権保護ルール「ダビング10」への運用切り替えの延期が確定した。2008年5月29日に行われた,総務大臣の諮問機関である情報通信審議会傘下の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委)」の第38回会合で,主査である慶応義塾大学の村井純氏が冒頭のように発言し,6月2日の運用切り替え実施の断念を,デジコン委として確認した。

 ダビング10への移行は,デジコン委が2007年8月に公表したいわゆる「第4次中間答申」に基づき,同委の合意のうえで実施される手はずになっている。だが,私的録音録画補償金制度を審議している文部科学大臣の諮問機関 文化審議会 著作権分科会傘下の私的録音録画小委員会(録録小委)における議論の決着が付いていない影響で,関係者の合意が出来ない状況になっている。録録小委は5月29日に今期第3回会合を行う予定だったが,「電子情報技術産業協会(JEITA)の委員から『意見調整が出来ていない』との申し出があった」(文化庁)ことを理由に開催が延期されている。

 ダビング10実施のための合意の条件を探る目的で,デジコン委の傘下に設置されたフォローアップWGの主査を任されている慶応義塾大学教授の中村伊知哉氏は,今回の会合で「現時点では『合意できない』ことを確認している。現在,関係者一人一人に合意の条件について個別にヒアリングしている」と現在の状況を説明した。デジコン委の次回を6月2日までに開催するのはほぼ不可能であることから,運用切り替えの延期が確定した。

 中村氏はまた,「この問題は,既に官の問題でもあると認識している」と述べ,(状況の打開に向けて総務省,文化庁,経済産業省の)「関係3省庁の担当者で話し合う場を設けた」と報告した。この会合の第1回は5月28日に,総務省大臣官房 政策統括官(情報通信担当)の中田睦氏,経産省 商務情報政策局 局長の岡田秀一氏,文化庁 長官官房 審議官の吉田大輔氏が同席して行われた模様だ。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング