技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

スクウェア・エニックス,韓国での著作権侵害訴訟で勝訴,賠償総額3億ウォン

小笠原 陽介=日経エレクトロニクス
2008/03/17 18:51
印刷用ページ

 スクウェア・エニックスは2008年3月13日,韓国の芸能プロダクションであるファントム・エンタテインメント・グループなどを相手取り,韓国のソウル中央地方法院に提起していた著作権侵害訴訟に勝訴した(発表資料)。

 ファントムは,同社所属歌手「IVY」による楽曲「誘惑のソナタ」の広告宣伝用ミュージック・ビデオの中で,スクウェア・エニックスのCG映像作品「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」の一場面を無断で改変・実写化したとする。ファントムは2007年3月上旬から,同ビデオをインターネットを通じて有償で公衆送信した。

 スクウェア・エニックスは2007年6月22日に,同ビデオを製作・指揮した監督ホン・ジョンホ氏と,同ビデオを商用目的で利用したファントムを被告として,著作権侵害行為等を理由としてソウル中央地方法院に民事訴訟を提起していた。ソウル中央地方法院はスクウェア・エニックスの主張を認め,ファントムとホン・ジョンホ氏に総額3億ウォンの損害賠償の支払いを命じた。

 これに先立ち,スクウェア・エニックスは2007年3月20日付で,ホン・ジョンホ氏とファントムをソウル中央地方検察庁に対して刑事告訴。ソウル中央地方検察庁は同年9月3日,ホン・ジョンホ氏とファントムを起訴した。同年12月には有罪判決が出ている。また,2007年4月6日付で,ソウル中央地方法院において,ファントムに対して同ビデオの公開と販売を禁止する仮処分の決定が下っている。

 スクウェア・エニックスの法務・知的財産部長,長谷川泰彦氏は,判決について
「今回判示された損害賠償額は,韓国での単独作品の著作権侵害事件における損害賠償額としては過去最高であるとのことであり,今回の著作権侵害において当社が被った損害の大きさが認められたものと言えます」
とコメントした。スクウェア・エニックスは知的財産権を重要な経営資源の一つと位置付けており,今後も知的財産権の侵害に対して毅然とした態度で臨んでいくとしている。

この記事を英語で読む

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング