家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【ET2007】厚さ3mm,重さ57gのB6判大電子ペーパー端末,セイコーエプソンが参考出展

小谷 卓也=日経エレクトロニクス
2007/11/14 14:32
印刷用ページ
薄くて軽いのが印象的
薄くて軽いのが印象的
[クリックすると拡大した画像が開きます]
端末の下部にUSBコネクタとボタン電池を配置した
端末の下部にUSBコネクタとボタン電池を配置した
[クリックすると拡大した画像が開きます]
下側の筐体を外して,駆動回路を見た様子
下側の筐体を外して,駆動回路を見た様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 セイコーエプソンは,パシフィコ横浜で開催中の展示会「Embedded Technology 2007(組込み総合技術展)」において,電子ペーパーを利用したビューワ端末の試作品を参考出展した。端末の大きさは,手帳サイズ(B6判大)に近い180×120mm。厚さは3mmと薄く,重さは57gと軽い。携帯性を意識した仕様に仕上げた。USBコネクタを備えており,USBでデータをやり取りする。実用化は未定という。

 表示部の画面寸法は6.7型で,画素数は1200×1600。精細度は約300ppiと高い。コントラスト比は8対1で,反射率は43%である。各画素は白黒の2値表示だが,面積階調によって階調を表現する。米E Ink Corp.が開発する電気泳動型の電子インクに,セイコーエプソンの低温多結晶Si TFTを組み合わせた。TFTはガラス基板上に形成した。

 薄型・軽量を実現するため,ガラス基板を薄くした。TFTを形成したガラス基板の厚さは0.5mmだが,TFT形成後にエッチングによって厚さ0.2mmまで削った。薄くしたことによる強度の低下を補うため,ガラス基板の背面(TFT形成面の反対側)に,日立化成工業が開発する低熱膨張支持基盤「Cute」を張り付けた。この厚みは50μmという。

 電源には,ボタン電池(CR1220)を1個用いる。電子ペーパーは書き換え時にのみ電力を消費するため,このボタン電池1個で1420回の表示書き換えが可能である。表示の書き換え時間は0.7秒。セイコーエプソンが以前に開発した電子ペーパーでは5秒だったが,駆動回路の工夫などによって高速化したという。

この記事を英語で読む

この記事を中国語で読む

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング