• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【Computex Taipeiレビュー】Moxa社:多彩な機能のデータ通信デバイス提供

【Computex Taipeiレビュー】Moxa社:多彩な機能のデータ通信デバイス提供

  • 日経ボード情報
  • 2004/06/11 15:58
  • 1/1ページ
Monet Lin:Manager, Asia Sales Dept.
Monet Lin:Manager, Asia Sales Dept.
[画像のクリックで拡大表示]
Moxa社ブースの様子
Moxa社ブースの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 Moxa Technologies Co., Ltd.は,産業用システム,セキュリティ・システムなどに向けたデータ通信デバイスを中心に展示した。

 特に産業用システムで長く使われているRS-232CやRS-422/485のインタフェースを備える機器を,TCP/IPネットワークに効率よく接続するデバイスを豊富に揃えている。

 新発売の「Universal Communicator UC-7400」は, Linux対応のRISC型プロセッサを内蔵し,入力データに様々なデータ処理を施して出力するデバイス。RS-232/422/485,Ethernet,USB2.0のインタフェースのほか,PCMCIAや「CompactFlash」のカード・スロットを備える。スロットには無線通信アダプタを挿入することを想定した。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓