• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 【Computex Taipeiレビュー】Moxa社:多彩な機能のデータ通信デバイス提供

【Computex Taipeiレビュー】Moxa社:多彩な機能のデータ通信デバイス提供

  • 日経ボード情報
  • 2004/06/11 15:58
  • 1/1ページ
Monet Lin:Manager, Asia Sales Dept.
Monet Lin:Manager, Asia Sales Dept.
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Moxa社ブースの様子
Moxa社ブースの様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 Moxa Technologies Co., Ltd.は,産業用システム,セキュリティ・システムなどに向けたデータ通信デバイスを中心に展示した。

 特に産業用システムで長く使われているRS-232CやRS-422/485のインタフェースを備える機器を,TCP/IPネットワークに効率よく接続するデバイスを豊富に揃えている。

 新発売の「Universal Communicator UC-7400」は, Linux対応のRISC型プロセッサを内蔵し,入力データに様々なデータ処理を施して出力するデバイス。RS-232/422/485,Ethernet,USB2.0のインタフェースのほか,PCMCIAや「CompactFlash」のカード・スロットを備える。スロットには無線通信アダプタを挿入することを想定した。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ