• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > モデル駆動開発「MDD」の普及・啓蒙に向けSESSAMEらが取り組み強化,「MDD Initiative」を設立

モデル駆動開発「MDD」の普及・啓蒙に向けSESSAMEらが取り組み強化,「MDD Initiative」を設立

  • 進藤 智則=日経エレクトロニクス
  • 2007/08/02 11:42
  • 1/1ページ
 UMLなどソフトウエア関連の標準化団体である米OMG, Inc.と,組み込み技術者のコミュニティであるSESSAMEは,UMLを用いたモデル・ベース開発の一種である「MDD(model driven development:モデル駆動開発)」を普及・啓蒙・促進する取り組み「MDD Initiative」を強化していくと発表した。SESSAMEの理事を務める組み込みソフトウエア・コンサルタントの二上貴夫氏が発起人となり,国内ではまだ認知度が低いMDDの利点,意義などを発信していく。MDDの先駆者ともいえるStephen Mellor氏など,国際的な人材の協力も受ける。「組み込み技術者が多い日本が主導権を持って,MDD分野をリードしていこうとの思いがある」(二上氏)という。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓