• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

【Macworld】Apple社が予測通り「iPhone」を公開,OSは「OS X」

Phil Keys=シリコンバレー支局
2007/01/10 09:28
1/1ページ
Macworldの舞台で,Steve Jobs氏がiPhoneを発表
Macworldの舞台で,Steve Jobs氏がiPhoneを発表
[クリックすると拡大した画像が開きます]
2つの指を使って写真の一部分を拡大するデモ
2つの指を使って写真の一部分を拡大するデモ
[クリックすると拡大した画像が開きます]
115×61mmのiPhoneの前面。重さは135g。表示しているのはiPhone用に実装した米Google Inc.の地図情報ソフト「Google Maps」
115×61mmのiPhoneの前面。重さは135g。表示しているのはiPhone用に実装した米Google Inc.の地図情報ソフト「Google Maps」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
iPhoneの厚さは11.6mm
iPhoneの厚さは11.6mm
[クリックすると拡大した画像が開きます]
200万画素のカメラを備えたiPhoneの裏面
200万画素のカメラを備えたiPhoneの裏面
[クリックすると拡大した画像が開きます]

「この日を2年半待っていた」。米Apple, Inc.のCEOのSteve Jobs氏は,米国サンフランシスコで開催中のMacworld Conference and Expoの基調講演で,業界の事前の予測通りに携帯電話機「iPhone」を紹介した(発表資料その1)。キーパッドを搭載しておらず,ほとんどの操作は320×480画素の3.5型のタッチスクリーンで実行する。OSは同社の「OS X」(バージョン名は未公開)。同社はOS Xをパソコン以外の機器に初めて採用したことになる。このOS上に,音楽やビデオ,写真を再生するiPodの機能や,携帯電話機,電子メール,WWWブラウザ,SMSなどのソフトウエア機能を実装した。対応する無線ネットワーク技術はGSMとEDGE,IEEE802.11b/g,Bluetooth 2.0である。電池の寿命は電話や動画再生,WWWブラウザの操作をした場合に5時間,音声の再生では16時間という。なお同氏は,社名をApple Computer, Inc.からApple, Incに変更したことも発表した。

 米国市場では対応する携帯電話事業者はCingular Wireless LLCのみ(発表資料その2)。ユーザーはCingular社と2年間の契約を結ぶと4Gバイトのメモリを搭載する機種を499米ドル,8Gバイトの機種を599米ドルで購入できる。米国での出荷予定は2007年7月。欧州では2007年末までに登場するという。Apple社によると,2008年中にアジア地域でiPhoneの出荷を開始する予定だが,具体的な国名は未公開である。

3種類のセンサとタッチスクリーンを利用


 開発に2年半をかけたiPhoneの機能の中で特に目立ったのはユーザー・インタフェース(UI)である。iPhoneは本体に加わる加速度,ユーザーの頭との接近,周辺の光を検知できる3種類のセンサを備え,UIに利用している。例えば,ユーザーが電話をする際に端末を耳に近づけると,ディスプレイの表示を自動的に消す。これにより消費電力を節約するとともに,ユーザーの顔がタッチスクリーンに触れることによる誤入力も防げるという。

 Apple社は,iPhoneのためにタッチスクリーンを用いた「Multi-touch」と呼ぶUIを開発した。ペンなどの代わりに,ユーザーの指で操作できる。画面上で指を動かすことで,写真や音楽を表す複数のアイコンをスクロールして表示・選択できる。画面上で親指と人差し指を動かしたり画面を叩いたりすると,画像の選択や拡大・縮小などができる。

 Apple社によればiPhone用に専用LSIを開発したというが,詳細は未公開。マイクロプロセサも未公開である。Apple社によると,iPhone用の独自技術のため200以上の特許を取得したという。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング