• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 【CESプレビュー】東芝,1080p対応の低価格HD DVDプレーヤーを発表

【CESプレビュー】東芝,1080p対応の低価格HD DVDプレーヤーを発表

  • 内田 泰=日経エレクトロニクス
  • 2007/01/08 07:33
  • 1/1ページ
米国で2007年春に発売予定のHD DVDプレーヤー「HD-A20」
米国で2007年春に発売予定のHD DVDプレーヤー「HD-A20」
[画像のクリックで拡大表示]
HD-A20の概要
HD-A20の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は2007年1月7日,2007 International CESの開幕に先立って行った報道関係者向けの説明会で,1080pの映像信号出力に対応したHD DVDプレーヤーの新機種「HD-A20」を発表した。米国で2007年春に発売する。

 同社は既に米国で2機種のHD DVDプレーヤーを販売している。720p/1080iに対応したローエンド・モデル「HD-A2」(499.99米ドル)と,720p/1080iに加えて1080pにも対応したハイエンド・モデル「HD-XA2」(999.99米ドル)である。

 今回新たにラインアップに加えたHD-A20は,現在ハイエンド・モデルのみが対応している1080pの映像処理を,より低価格で提供する。価格は599.99米ドルである。「2007年には1080pの映像入力に対応したテレビがグンと増える。これを見越し,Early Majority層(最新機種をいち早く導入するEarly Adapter層に続く消費者層)を取り込める価格帯に設定した。2007年には次世代DVDで180万台の市場規模があると見ているが,そこで多くのシェアを獲得したい」(東芝)という。

 韓国LG Electronics社が同日発表した,Blu-ray DiscとHD DVDの両方を再生できるプレーヤーに対しては,「LG社の製品は価格が1199米ドルと高いので直接は競合しないと考えている。あのようなハイブリッド製品の登場は,次世代DVD市場を拡大する契機になるので歓迎している」(東芝)とする。

 説明会ではHD-A20の仕様の詳細は明らかにされなかったが,筐体はローエンド・モデルのHD-A2とほぼ同様のプラスチック筐体を使用,ハイエンド・モデルのHD-XA2のアルミニウム合金製筺体に対して部品コストを抑えた。HD-XA2で採用した高価格のD-A変換器も使わないという。「基本的には,HD-A2の仕様に1080p出力機能のみを加えたという位置付けだ」(東芝)。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓