家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

Microsoft社,Zuneの売り上げから著作権使用料を払うことでUniversal Music社と合意

Phil Keys=シリコンバレー支局
2006/11/10 12:41
印刷用ページ

 米Microsoft Corp.は,2006年11月14日に発売予定の携帯型音楽プレーヤー「Zune」について,売り上げの一部を米Universal Music Groupに著作権使用料として支払うことを決めた。Zune向けの音楽配信サービスから発生する著作権使用料とは別なものになる。1台当たりいくら支払うかといった金額の詳細は未公開。Microsoft社によると,楽曲の著作権を保有する他の企業にも同じような契約を申し出ている。

 米Apple Computer, Inc.の「iPod」について,Apple社の成功に比べて楽曲の著作権を保有するレコード会社などの利益が少ないという指摘があった。Microsoft社の今回の決断は,こうした批判を回避するためのものとみられる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング