家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

米SonyやDellなど37者がWIPO提案の「Broadcast Treaty」の草案に反対声明

Phil Keys=シリコンバレー支局
2006/09/08 15:24
印刷用ページ

 米Sony Electronics Inc.や米Panasonic Corp.,米Dell Inc.,米AT&T Inc.などを含む37のエレクトロニクス・通信関係企業や業界団体は,WIPO(世界知的所有権機関:World Intellectual Property Organization)が提案した放送向けの新しい国際条約「Treaty on the Protection of Broadcasting Organizations」(Broadcast Treaty)の草案に反対の声明を公開した(PDF形式の文書)。「テレビ/ラジオ放送事業者に今までなかった知的財産権を提供することになる」「新しいデジタル家電製品やサービス開発を阻害する」「ISP(internet service provider)などのネットワーク企業に,放送事業者の権利侵害に対する責任に与える可能性が十分ある」などと主張している。WIPOは2006年9月11日の週にスイス・ジュネーブ市でBroadcast Treatyを議論する会議を開く。今回の声明は,この会議に参加する米国政府の代表団にアピールするためのものである。
 
 WIPOは,2005年9月26日~10月5日間に開催した会議で,Broadcast Treatyを正式な条約にするための作業を開始した。同条約を反対する陣営の主張によると,Broadcast Treatyの主な目的の一つに,「地上放送やケーブルテレビなどの放送信号を受信して,勝手にインターネットの再配信するといった行為を止める」ことになる。しかし,Broadcast Treatyの草案によると,「コンテンツの著作権の有無に関わらず,放送したコンテンツに関連する新たな知的財産権を50年間にわたり付与する」という。これに対して,米大手電話事業者Verizon Communications Inc.のAssociate General Counsel兼Vice PresidentであるSusan Deutsch氏は「我々はブロードバンドを使い,米国内においてテレビ放送サービスを提供する放送事業者でもあり,この条約の提案が実現すれば利点はある。しかし,こうした利点と比べて,Broadcast Treatyの意図しない結果から発生する問題点が重要」という考えから,反対する立場にたったという。

 
 反対陣営は,放送事業者に新しい権利を与えるの上に,放送に暗号や他の保護技術に関する権利も定めることを懸念している。こうした権利を与えると,家庭内ネットワークにおける信号を,放送事業者がコントロールできるの恐れがあると主張する。この結果,新しいブロードバンド・サービスやネットワーク家電の開発の制限に繋がる心配があると指摘する。
【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング