• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > TI社,業界最良の雑音特性と歪み特性をうたう完全差動型オペアンプを発売

TI社,業界最良の雑音特性と歪み特性をうたう完全差動型オペアンプを発売

  • 堀切 近史=日経エレクトロニクス
  • 2005/01/25 07:21
  • 1/1ページ
米Texas Instruments,Inc.(TI社)は,雑音特性と歪み特性が業界で最も良好であることをうたう完全差動型オペアンプ「THS4509」を発売した。入力換算雑音電圧は1.9nV/√Hz(入力信号が10MHz以上の場合),2次高調波歪みと3次高調波歪みはそれぞれ-75dBcと-80dBcである(入力信号100MHz,負荷1kΩ,出力2Vppの場合)。今回の製品と同じく入力と出力がいずれも差動信号に対応する完全差動型オペアンプの競合他社品と比べると,2次高調波歪みで10dB,3次高調波歪みで20dB~30dBほど改善するという。携帯電話の基地局や半導体テスタ装置,計測器,医療機器などに向ける。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓