技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

Rambus社,対Hynix社の特許訴訟で第1回審理の対象を絞り込みへ

新井 将之=日経エレクトロニクス
2005/01/24 20:19
印刷用ページ

 高速メモリ技術を巡る米Rambus Inc.と韓国Hynix Semiconductor Inc.の特許侵害訴訟で,Rambus社は2005年3月21日に米国カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所で始まる第1回の審理の対象を,6つの特許の10クレームに絞り込むことを決めた。これまでRambus社はHynix社に対して15件の特許,59クレームの特許侵害を主張してきた。これに対して裁判所は,審理対象が多いためクレームを絞り込むよう要求していたという。Rambus社が今回選んだのは,以下の米国特許番号とクレームである。

米国特許番号クレーム番号
5915105 34
6034918 23,33
6324120 33
6378020 32,36
6426916 9,28,40
6452863 16

 両社の特許訴訟については3月からの裁判を前に,正式な審理を経ずに判決を下す「略式判決」の申請が両社から出ており,これに対する裁判所の判断が出たばかり(Rambus社の発表資料)。まずHynix社は6件の略式判決申請を行っており,裁判所はそのうち1件を認めた。それは「『second external clock signal』という文言が入った4つの特許,9クレームについては,今回の審理対象から外す」というものである。一方,Rambus社は40クレームに関して略式判決の申請を行っていた。裁判所はこのうち「read request」に関する11クレームの判断は正式な審理で議論するとした。残りの29クレームについては,Hynix社の特許侵害を認める略式判決を行っている。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング