• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 最後の秘境は脳内映像、閉塞感打破には越境せよ

日経エレクトロニクス 2015年9月号

Innovator

最後の秘境は脳内映像、閉塞感打破には越境せよ

映画監督 大友啓史氏

  • 聞き手=今井 拓司、田中 直樹、蓬田 宏樹
  • 2015/08/19 00:00
  • 1/12ページ

出典:日経エレクトロニクス、2015年9月号、pp.49-53(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

「ハゲタカ」「るろうに剣心」といった作品で知られる映画監督の大友啓史氏に、映像機器の将来への期待や展望を聞いた。さまざまな画面の普及が多彩な映像体験を生むことに期待しつつ、その分映像作家には独自の視点が求められると説く。技術者は、自らの哲学に準じて、製品やサービスで何ができるのかを使い手側に提示すべきだと主張する。

おおとも・けいし
1966年岩手県生まれ。慶應義塾大学卒業。1990年NHK入局。1997年から2年間、ハリウッドで脚本や映像演出を学ぶ。帰国後、「ハゲタカ」「白洲次郎」「龍馬伝」などを演出。2011年NHK退局、大友啓史事務所を設立。『るろうに剣心』3部作、『プラチナデータ』などを手がける。次回作は2016年公開予定の『秘密 THE TOP SECRET』。(写真:加藤 康)

──2020年に向けたテレビの大画面化や高精細化の進展は、映像の作り手側からは歓迎すべき動きでしょうか。

 2つあると思っていて、1つは圧倒的にウェルカムなんですね。そもそも僕がテレビをやめて映画をメーンに活動しているのは、普通の(テレビの)視聴環境だと、自分の作ったものが視聴者にそのまま伝わらないことが、大きかった。例えば、音は圧縮されますし、映像もそれぞれの家で画質が全然変わるし、画面が小さいとこちらが隅々まで作り込んでいるディテールが伝わらない。テレビをやっていた時代の最大の枷(かせ)は、どういう環境で見られているか分からないことでした。画面のサイズは多種多様で、メーカーによって色も全然違うし、音環境も全く違うじゃないですか。

デジタル別冊『AI進化論。』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン

深層学習(ディープラーニング)の登場で勢いを増した人工知能(AI)の今後の進化の道筋を、日経エレクトロニクスに掲載した2大特集で展望します。Web版ならではのロングインタビュー2本も掲載!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ