• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 「3Dソーセージ」どう造る?

日経ものづくり 2015年6月号

ものづくりQUIZ

「3Dソーセージ」どう造る?

  • 木崎健太郎
  • 2015/06/02 00:00
  • 1/4ページ

出典:日経ものづくり、2015年6月号、pp.19-21(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 大多摩ハム小林商会(本社東京都福生市)は、複雑な3D形状のソーセージを造る技術を開発、バラの花の形をした「TOKYO-X 3Dソーセージ ローズパステート」を発売している。花びらだけでなく、裏から見ると「がく」まで再現してある。型に詰め成形するのだが、安価かつ安定的に造るため、型の材質や構造を工夫した。どのような型としたのか。

おすすめ