• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 今後10年の情報処理アーキテクチャーを探る

日経エレクトロニクス 2015年5月号

Perspective

今後10年の情報処理アーキテクチャーを探る

  • 岡野原 大輔 Preferred Networks 取締役副社長
  • 2015/04/17 00:00
  • 1/12ページ

出典:日経エレクトロニクス、2015年5月号、pp.95-105(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

この記事は日経エレクトロニクス購読者または、日経テクノロジーオンライン有料会員限定ですが、
2017年05月19日までは特別に誰でも閲覧できるようにしています。

IoTの時代には、ネットのクラウド側ではなくエッジ(端)側が重要になる。そう主張するのが、トヨタ自動車と自動運転で共同研究を進めるなど、IoT向けのソフトウエア開発に力を注ぐPreferred Networksである。同社が「エッジヘビーコンピューティング」と呼ぶ次世代の情報処理環境の構想と、そこに向けて開発を進める技術・製品の概要を同社の岡野原氏に寄稿してもらった。(本誌)

(写真:Getty Images)

 本稿では、次の10年の情報処理のアーキテクチャーがどうなるのかを考察する。今後は膨大な量のデータがネットワークのエッジ(端)で生産・消費される時代が来ると、我々は考えている。エッジ側で生成される大量のデータを、エッジ側で分散協調して処理するようになる。これを著者らはエッジヘビーコンピューティング(EHC)と呼んでいる。

 我々は、この時代を見据えた「Deep Intelligence in Motion」(DIMo)と呼ぶソフトウエアプラットフォームを開発中で、これに基づいて開発したシステム製品を近々発表する予定だ。また、EHCの時代には人工知能が決定的な役割を果たすと考えており、その開発も並行して進めている。

デジタル別冊『AI進化論。』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン

深層学習(ディープラーニング)の登場で勢いを増した人工知能(AI)の今後の進化の道筋を、日経エレクトロニクスに掲載した2大特集で展望します。Web版ならではのロングインタビュー2本も掲載!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ