• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > [第1回]ノイズはどこから出るか、電流の変化がノイズを生む

日経エレクトロニクス 2014年8月4日号

ノイズ対策の要諦、これで困らない

[第1回]ノイズはどこから出るか、電流の変化がノイズを生む

  • 久保寺 忠=システムデザイン研究所 代表取締役
  • 2014/08/12 00:00
  • 1/8ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年8月4日号、pp.74-78(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

多くのデジタル機器の設計者が悩まされるのが「ノイズ」である。ノイズは信号を歪ませたり、電源やグラウンドの電位を揺らしたりして回路全体を不安定にする。電磁波として放射されたノイズは他の回路にも影響を与えてしまう。ノイズの問題は一般に難しいと敬遠されがちだが、上流工程で効果的な対策を行うには、ノイズの“気持ち”になって発生メカニズムを理解することが重要だ。連載第1回の今回は、ノイズの発生しやすい箇所を解説する。(本誌)

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓