デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

2014年8月4日号

[第1回]ノイズはどこから出るか、電流の変化がノイズを生む

久保寺 忠=システムデザイン研究所 代表取締役
2014/08/12 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2014年8月4日号 、pp.74-78 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

多くのデジタル機器の設計者が悩まされるのが「ノイズ」である。ノイズは信号を歪ませたり、電源やグラウンドの電位を揺らしたりして回路全体を不安定にする。電磁波として放射されたノイズは他の回路にも影響を与えてしまう。ノイズの問題は一般に難しいと敬遠されがちだが、上流工程で効果的な対策を行うには、ノイズの“気持ち”になって発生メカニズムを理解することが重要だ。連載第1回の今回は、ノイズの発生しやすい箇所を解説する。(本誌)

ここから先は日経エレクトロニクス購読者、または日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・日経テクノロジーオンライン有料会員の方、もしくは雑誌購読者の方で日経IDと「日経BP書店マイデータ」への読者番号の登録がお済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・新たにお申し込みされる方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、雑誌の購読もしくは、日経テクノロジーオンライン有料会員の申し込み手続を完了させてからご参照ください。
・雑誌購読者の方は、あらかじめ日経IDの登録と、読者番号の「日経BP書店マイデータ」への登録が必要になります。こちらのページを参考にして登録をお進めください。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング