• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > GaNでマトコンを1チップ化 大きさを従来比1/100に

日経エレクトロニクス 2014年3月3日号

NEレポート

GaNでマトコンを1チップ化
大きさを従来比1/100に

パナソニックが開発、マイクロ波駆動も活用

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2014/03/10 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年3月3日号、pp.12-13(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

ヒートシンクを取り付けた開発品
[画像のクリックで拡大表示]

 5kW級で親指先ほどの大きさしかない超小型の電力変換器をパナソニックが開発した。GaNパワー素子を適用した1チップ型マトリックスコンバーター(マトコン)である注1)。マトリックスコンバーターの面積は25mm×18mmと、Siパワー素子を利用する従来のマトリックスコンバーターに比べて「約1/100」(同社)と小さい(図1)。風力発電システムや昇降機などでの利用を想定している。従来に比べて大幅な小型化を実現したことで、同社は新しい用途にもマトリックスコンバーターを適用できるようになるとみている。

注1)開発品の成果について、2014年2月に開催された「International Solid-State Circuits Conference(ISSCC)2014」で発表した。
図1 マトリックスコンバーターの面積を約1/100に
パナソニックは、GaNパワートランジスタを適用した1チップ型のマトリックスコンバーターを開発した。5kW級で面積は25mm×18mmと、Siパワー素子を利用する従来のマトリックスコンバーターに比べて面積は約1/100だという。
[画像のクリックで拡大表示]
『機器開発者のための人工知能入門』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


囲碁だけではありません。応用範囲を急速に広げつつある人工知能の発展を受けて、デジタル別冊「機器開発者のための人工知能入門」を緊急発行!今さら聞けない基礎知識を電子機器の開発者にわかりやすくお届けします!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ