• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 日本精工のトルクセンサ

日経Automotive 2014年3月号

Tech Report

日本精工のトルクセンサ

変速機のカウンタ軸に内蔵し 滑り、ポンプ損失を減らし燃費向上

  • 浜田 基彦=日経Automotive Technology
  • 2014/02/17 00:00
  • 1/2ページ

出典:日経Automotive Technology、2014年3月号、p.27(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 日本精工はAT(自動変速機)/CVT(無段変速機)用のトルクセンサユニットを開発し、「東京モーターショー2013」に参考出展した(図1)。トルクを測った結果を使って、ATでは油圧多板クラッチの圧力、CVTではプーリの押し付け圧力を制御する。圧力を最適にすることで、クラッチやCVTベルトが滑る損失、圧力を得るためのポンプ損失を減らすことができる。自動車メーカーに採用を働きかけている段階で、実用になる時期は未定。

図1 試作品の断面
オレンジ色がトーションバー、青が入力ギア部、緑が出力ギア部。動力伝達経路の赤い線は中心を通っているが、これは中空のトーションバーの中心線を示す。
【セミナー】(6/20、21開催)
第4回 車載Ethernetが変えるクルマの未来

自動運転時代のコア技術を知る


本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、クルマが取り扱う情報量は爆発的に増えることに加えて、各ドメイン間での協調制御が重要になります。こうした背景の中、情報系だけでなく、制御系までもカバーできる、車載Ethernetに大きな注目が集まっています。
 本イベントでは、この車載Ethernetを中心に、次世代の車載ネットワークの動向をピックアップします。トヨタ自動車やドイツBMW社、デンソー、コンチネンタル・オートモーティブ・ジャパンをはじめ、国内外から第一線で活躍する講師を招聘して講演していただきます。
詳細は、こちら
日程 : 2016年6月20、21日
会場 : ソラシティ・カンファレンスセンター
主催 : 日経エレクトロニクス/日経Automotive

おすすめ