• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 全貌現すドコモの5G構想、多種セル混在でミリ波も活用

日経エレクトロニクス 2014年1月20日号

NEレポート

全貌現すドコモの5G構想、多種セル混在でミリ波も活用

制御はマクロセル、データはスモールセル

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2014/01/21 00:00
  • 1/3ページ

出典:日経エレクトロニクス、2014年1月20日号、pp.10-11(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

NTTドコモが2013年10月の「CEATEC JAPAN 2013」で見せたシミュレーション画面
[画像のクリックで拡大表示]

 第4世代移動通信システム(4G)の次の移動通信システム(ここでは「5G」)の議論が各国で本格化してきた。2014年2月にベトナムで開催される会合で、日本や韓国、中国、欧州の関連団体がそれぞれの5G構想を提示する見通しだ注1)。日本では電波産業会(ARIB)が高度無線通信研究委員会内に「2020 and Beyond AdHoc」と呼ぶ検討会を設置し、サービスおよびシステムの構想や、システム構成および無線アクセス技術などを議論している。

注1)国際電気通信連合の無線通信部門(ITU-R)で移動通信システムの検討を行う作業部会であるWP5Dが、第18回会合を開催する。この会合で日本のARIB、韓国の「5G Forum」、中国の「IMT-2020 Project Group」、欧州の「5GPPP」などが5Gに関する構想を披露する見通し。

『機器開発者のための人工知能入門』プレゼント
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン


囲碁だけではありません。応用範囲を急速に広げつつある人工知能の発展を受けて、デジタル別冊「機器開発者のための人工知能入門」を緊急発行!今さら聞けない基礎知識を電子機器の開発者にわかりやすくお届けします!詳しくはこちらで。試し読みも!

おすすめ