• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME有料会員向けトップ > 48V電源、 2016年に実用化へ

日経Automotive 2014年1月号

Features

48V電源、
2016年に実用化へ

燃費改善効果15%を狙う

  • 林 達彦=日経Automotive Technology
  • 2014/01/21 00:00
  • 1/6ページ

出典:日経Automotive Technology、2014年1月号、pp.68-73(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

燃費規制が厳しく強化される欧州で、48Vの電源を使ったベルト駆動のオルタネータ/モータで回生やアシストの効果を高めるマイルドハイブリッド車が注目されている。フルハイブリッド車よりも追加コストが安く、最大で15%程度の燃費改善を狙える同システムが2016年後半に実用化されそうだ。

写真提供:Continental社(上)、Valeo社(下)

 今から12年前の2001年、トヨタ自動車は「クラウン」に42V電源を使ったマイルドハイブリッド車を設定した。1997年に「プリウス」で初めて採用された2モータ式の「THS(トヨタ・ハイブリッド・システム)」の後に登場したものだが、コストの割に燃費改善効果が小さいという理由から姿を消した。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓