• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 素朴な疑問◆Q&A

素朴な疑問◆Q&A

このビギナーズ・クエスチョンのコーナーでは今さら聞けないような素朴な疑問を取り上げ“ブタでもわかる”解説記事を目指します。なお,このブタの名前はチャップ。粘土で出来ています。

 最近は、スマートフォンのセキュリティ対策が注目されています。しかし米アップルのiPhone向けのウイルス対策ソフトは基本的に存在しません。これはなぜでしょうか。


 現在の無線LAN規格で実現可能な最高伝送速度は、IEEE 802.11nの600Mビット/秒。一方で、一般に入手できる製品での最高伝送速度は450Mビット/秒です。では将来600Mビット/秒が実現した後、無線LANはどこまで高速になるのでしょうか。


 現在、携帯電話の電話番号には「080+8けた」と「090+8けた」の2種類があります。それぞれ9000万個、合計で1億8000万個の番号を使えることになります。


 無線LAN規格IEEE 802.11n(以下、11n)では、制御チップやアンテナの組み合わせなどによって、対応製品の理論上の最大通信速度(最大速度)が異なります。11n対応製品の多くは、最大速度が150M/300M/450Mビット/秒のいずれかに該当します。


この記事はITproのコラム素朴な疑問 Q&Aから転載したものです。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ