• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材基礎から分かる安全機器 > 第6回:非接触安全スイッチとは

基礎から分かる安全機器

第6回:非接触安全スイッチとは

  • IDEC セーフティテック エキスパートチーム
  • 2013/01/25 00:00
  • 1/5ページ

 これまで紹介してきた安全スイッチは、扉の固定部に付けた本体と可動部に付けたアクチュエータがメカニカルにかみ合う構造の開閉検出装置でした。今回紹介するのは、アクチュエータと本体が直接接触することなく、近づいたり離れたりするだけで本体内のセンサがドアの開閉を検出するタイプで、一般に「非接触安全スイッチ」と呼ばれています。

 非接触安全スイッチは、構造物同士が物理的に接触しないので摩耗粉が生じないという利点があります。さらに、開口部がなく凹凸も少ない形状にできるので、水や塵埃(じんあい)の影響を受けにくいことも特長です。

非接触安全スイッチの種類

 非接触安全スイッチは、開閉の検出に用いるセンシング技術によって主に2種類に区分されます。

[1]リードスイッチタイプ
 概観を図1に示します。アクチュエータ側に磁石、本体側にリードスイッチを複数内蔵する構造です。現在、広く普及しています。

図1●リードスイッチタイプの非接触安全スイッチ

[2]RFIDタイプ
 概観を図2に示します。アクチュエータ側にRFID(ICタグ)、本体側にRFIDリーダを搭載しています。

図2●RFIDタイプの非接触安全スイッチ

 いずれのタイプでも、信頼性はもちろんのこと、以下の機能が求められます。

■無効化防止機能
■故障した場合に安全を維持する(すなわち出力を停止する)ための故障検知機能

 本稿では、これらの機能について重点的に説明します。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓