機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

第7回:サムロータリスイッチの基礎

オムロンスイッチアンドデバイス 技術情報チーム
2012/09/06 08:00
印刷用ページ

 今回は、設定用スイッチに分類されるサムロータリスイッチを紹介します(図1)。民生用・業務用機器から産業機械装置、生産設備まで幅広い分野で使われています。

図1●サムロータリスイッチ

サムロータリスイッチの定義

 サムロータリスイッチとは、数字が書かれた円板状の部品(ロータ)を回して値を選択すると複数の接点回路のオン/オフ信号の組み合わせで2/10/16進などのコードに変換して出力する設定用スイッチです。複数のサムロータリスイッチを連結すれば複数の桁を設定できるようになります。数値を選択するロータを回転させる機構には、指で操作するタイプ(ロータリ操作式)とボタンを押すタイプ(プッシュ操作式)があります。さらに、外形サイズ/取り付け方法/端子形状などによってたくさんのバリエーションが用意されています。サムロータリスイッチは、デジタルスイッチやサムホイールスイッチと呼ばれることもあります。

NEXT特徴

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング