機械・部材 革新を支える産業機器と部品・材料の情報源
 

第2回:非常停止スイッチとは何か

IDEC セーフティテック エキスパートチーム
2012/06/25 07:00
印刷用ページ

 工場などで使用される機械設備には、オペレーターの安全を確保するために、機械設備を緊急に停止させるための「非常停止システム」が組み込まれています(図1)。そのシステムの入力部として設置されているのが非常停止スイッチです。オペレーターが危険を感じたり機械設備に異常が発生したりした場合、手動で操作するスイッチです(図2)。

図1●非常停止システムの例
図2●非常停止スイッチの役割

 非常停止スイッチは危険な状態において使用されることが多く、スイッチが正常に機能しなければ事故や災害に直結する可能性があります。そのため、通常の停止スイッチよりも高い操作性と確実性が求められる他、構造や使い方について国際的に定められた安全規格(IEC、ISO規格)の要求を満たす必要があります。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング