クルマ 自動車の最新技術を追う
 

モービル・パワー・エレクトロニクス入門

2009/03/09 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2007年5月21日号 、~12月3日号 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

電気自動車から2足歩行ロボットまで

移動装備の外形や性能を決める電源

多様な専門技術を結集する全体設計

著者略歴(五十音順。肩書は日経エレクトロニクス掲載当時のものです)

足立 修一
慶応義塾大学
理工学部 教授
1986年,慶応義塾大学 大学院 工学研究科 博士課程修了(工学博士)。同年,東芝に入社,総合研究所に配属。1990年に宇都宮大学 工学部 電気電子工学科 助教授,2002年に同教授となる。2006年,慶応義塾大学 理工学部 物理情報工学科 教授。システム同定・制御などに関する理論と応用研究に従事する。
内山 誠
日産自動車
総合研究所 エキスパートリーダ
1982年に早稲田大学 理工学研究科 博士後期課程修了,工学博士。同年,英University of London 助手,1983年に早稲田大学 理工学部 助手を務める。1986年に日産自動車に入社し,同社 総合研究所に配属される。以来,自動車用半導体センサや蓄電デバイスの研究開発に従事する。
廣田 幸嗣
カルソニックカンセイ
開発本部 テクノロジーオフィサ
1971年に東京大学 工学系研究科 電子工学修士課程修了後,日産自動車に入社。同社 総合研究所 電子情報研究所にてEMC,ミリ波レーダ,半導体デバイスなどの研究開発に従事し,この間に商品開発本部 ニューヨーク事務所に3年間駐在する。その後,電子情報研究所長,研究推進部長などを歴任,2000年4月カルソニックカンセイに入社,開発本部にて電子電装部品の開発に従事,現在に至る。
【日経Automotiveセミナー】
 escar Asia 2015
  ~クルマのハッキング対策、世界の最前線~


今後、クルマにハッキング対策は必須だ。リコールに至るなど実害が出始めた。いま、日米欧でECU(電子制御ユニット)のセキュリティーを高めるためのプロジェクトが動いている。escar Asia 2015は、世界の第一線級のセキュリティー技術者が集って最新の情報を披露し、議論する。総務省、JASPAR、欧州メーカーなどが一堂に集まり、今後の展望を語る。詳細はこちら
車載ネットワークの最新動向を解説する「激変!車載ネットワーク」も同時開催。詳細はこちら

日時:2015年9月7日(月)~8日(火) 10:00~17:05
会場:目黒雅叙園(東京・目黒)
主催:日経Automotive
日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング