• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器 > 機器の競争力を高める実践的計測技術

機器の競争力を高める実践的計測技術

開発者のための計測技術とは

高速データ伝送,「試験に合格してもつながらない」

HDMIの計測技術――民生機器向け試験計測

Wireless USBの計測技術――無線計測の勘所

Serial ATAの計測技術――試験計測の刷新への対応

SDH/OTNの計測技術――基幹網向けの計測基準

計測技術の知識を収集

著者略歴(五十音順。肩書は日経エレクトロニクス掲載当時のものです)

石部 和彦(いしべ かずひこ)
アンリツ
計測事業統括本部 IPネットワーク計測事業部 プロダクトマーケティング部 担当部長
1985年,アンリツに入社。超高速デジタル回路およびジッタ計測を担当。その後,ITU-T標準化活動およびSDH/OTNアナライザの開発を行う。2004年から現職。現在は,ITU-T SG4,IEEE 802.3,IEC SC86Cなどの標準化活動およびマーケティングに従事する。
石山 伸記(いしやま のぶき)
アンリツ
計測事業統括本部 IPネットワーク計測事業部 プロダクトマーケティング部
1991年,アンリツに入社。ATMデジタル回路を担当。その後,SDH/SONETアナライザおよびIPアナライザを開発。2007年から現職。現在は,マーケティングに従事する。
大原 稔(おおはら みのる)
アリオン 代表取締役
1982年,ソード(現 東芝パソコンシステム)入社。1987年,東芝へ移籍。メモリカード,PCカードの企画,開発を行う。2005年,アリオン 代表取締役に就任。現在に至る。
小川 哲生(おがわ てつお)
日本テクトロニクス
営業技術統括部 ADSC アプリケーション・エンジニア
1987年,ソニーテクトロニクスに入社。グラフィック・ディスプレイや信号発生器の開発,計測器の応用技術の開発に従事。日本テクトロニクスに移行後,HDMI向け計測器を中心に営業活動の技術サポートを担当。
熊田 博康(くまだ ひろやす)
東陽テクニカ
第3技術部
2001年,東陽テクニカに入社。同社技術部門にてプロトコル・アナライザのフィールド・アプリケーション・エンジニアを担当している。
菅原 智貴(すがわら ともたか)
アリオン 技術部 技術課長
2000年,恵安に入社。NSTL事業部勤務。コンピュータ製品の検証・認証作業を行う。2002年,アリオンに入社。技術部に勤務し,IT製品全般の検証,認証試験の策定や検証業務を行う。
関野 敏正(せきの としまさ)
アジレント・テクノロジー・インターナショナル
ハイ・パフォーマンス・オシロスコープ デザイン・バリデーション事業部 マーケティング部 プロダクト・マネージャー
1990年,横河ヒューレット・パッカード(現 アジレント・テクノロジー)に入社。電子計測製品の営業を担当。その後,各種電子計測製品のマーケティングを担当し,2000年からはアジレント・テクノロジー・インターナショナル 神戸事業所においてネットワーク・アナライザのプロダクト・マーケティングを担当。2006年から現職。
辻 嘉樹(つじ よしき)
レクロイ・ジャパン
プロダクト・マーケティング・マネージャー
インフォメーション・テクノロジー・マネージャー
1990年,レクロイ・ジャパンに入社。1994年,マルコム・マネージャ,1997年,アジア・パシフィック・マルコム・マネージャ。2001年米LeCroy社での1年間の研修を経て,2002年から現職。デジタル・オシロスコープを用いた計測法およびデバッギング手法の指導を行っている。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓