• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 生産中止のASIC互換品開発メーカー、あの手この手で低コスト化を実現

生産中止のASIC互換品開発メーカー、あの手この手で低コスト化を実現

米Tekmos社 社長 Lynn G. Reed氏

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2013/09/02 11:38
  • 1/1ページ
生産中止になったASICやFPGAをどうやって入手するか。医療用や産業用、軍事用など製品寿命が長い業界にとっては頭の痛い問題だ。この問題に対して、小ロットの互換チップを用意する企業が、ファブレスの半導体メーカー、米Tekmos社である。創業以来、累計設計数が731件に上るという。2013年8月末に来日した同社社長のLynn G. Reed氏に同社のビジネスモデルや技術を聞いた。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓