• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HOME日経ものづくり2007年8月号 > 大実製作所

日経ものづくり2007年8月号

大実製作所

難形状の樹脂部品に特化

  • 田野倉 力
  • 2007/07/29 21:37
  • 1/1ページ

日経ものづくり 中小企業

大実製作所

難形状の樹脂部品に特化
多彩な加工法で顧客ニーズに対応

 大実製作所は,樹脂の切削に特 化した部品加工を手掛ける。ポ リ塩化ビニルやポリプロピレン,アクリ ルなど汎用の樹脂に加え,ポリアセター ル,ポリカーボネート,ポリアミドといっ たエンプラまで,幅広い材質の加工を こなす。

 樹脂の成形加工では射出成形や押 し出し成形,ブロー成形などのイメー ジが強いが,同社は切削による精密加 工にこだわっている。現在の取引先は 約150社で,顧客の多くは半導体製造 装置や医療機器,ロボット,検査装置と いった精密機械メーカーである。

日経ものづくり 中小企業

中田製作所

MCと手動機の連携で効率高める
アルミの微細穴開け/溝加工も強化

 中田製作所はアルミニウム(Al) 合金製の精密部品加工が主な 事業。板加工を中心に半導体/液晶製 造装置や医療機器,産業用ロボット, 各種自動機器などに使われる部品の 多品種少量加工を手掛ける。さらに, 新規分野として積極的なのが,超が付 くほどの微細加工だ。通常の極微小 径穴は直径20~30μmだが同社は直 径5μmの穴開け技術を確立し,微細 な溝加工にも成功している。

 現状では売上高の大半がAl合金 部品の精密加工で,微細加工は1%程 度にすぎない。しかし,技術力をアピー ルできる分野として,同社社長の中田 寛氏が直接担当する重点事業である。 まず,この微細加工技術の取り組みか ら見ていこう。

日経ものづくり 中小企業