• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
探訪

福岡県飯塚市の不動産投資型発電所

アセットマネジメント契約でメガソーラーを運用

2015/01/27 00:00
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ

 福岡県飯塚市は、福岡市と北九州市に挟まれた福岡県のほぼ中央に位置する。市の中心であるJR新飯塚駅は、快速電車で、博多駅まで44分、小倉駅まで58分という利便性で、両政令都市への通勤・通学圏内になっている。

 そんな大都市近郊の新飯塚駅からわずか数km、国道200号線から南側の路地を入ると2つのメガソーラー(大規模太陽光発電所)をほぼ隣接して見ることができる。極東開発工業が、同社・福岡工場内に建設した出力1.5MWのメガソーラー(図1)、そして、投資不動産の企画・開発・建築・販売などを営むウェルホールディングス(福岡市中央区)が建設した出力1.87MWのメガソーラー「ウェル飯塚発電所」だ(図2)。

図1●極東開発工業・福岡工場内に建設した出力1.5MWのメガソーラー(出所:極東開発工業)
[画像のクリックで拡大表示]
図2●ウェルホールディングスが建設した出力1.87MWのメガソーラー「ウェル飯塚発電所」(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 2つのメガソーラーは、発電事業者が異なるものの、採用した太陽光パネルとパワーコンディショナー(PCS)の製造会社は、たまたま同じになった。パネルは、ソーラーフロンティア製CIS化合物型、PCSは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製の500kW機だ。どちらも品質や効率で定評のある国産のトップブランドだ(図3)。

図3●ウェルホールディングスの「ウェル飯塚発電所」。太陽光パネルはソーラーフロンティア製CIS化合物型、PCSは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
  • 記事ランキング