ビッグデータ・M2M・IoT 新たな価値をもたらすITの最前線
 

医療の質を向上させるデータサイエンティスト──岐阜大学と広島赤十字病院の取り組み

本間 康裕=日経コンピュータ
2014/08/15 00:00
印刷用ページ

 医療の質を高めると同時にコストを削減するために、ビッグデータの活用は有効な手段だ。ただし、病院内の情報をいくらかき集めても、それを分析して実際に活用できる人材「データサイエンティスト」がいなければ、無用の長物となってしまう。2014年7月16日~18日まで開催された国際モダンホスピタルショウ2014で行われた、岐阜大学大学院 医学系研究科 医療情報学分野 教授の紀ノ定保臣氏と、広島赤十字・原爆病院医事顧問の西田節子氏の講演内容から、医療界でも始まりつつあるビッグデータ活用とデータサイエンティスト育成についてまとめた。

 今、医療の世界でも「データサイエンティスト」が脚光を浴びている。ビッグデータを集めて解析し、その中から役立つ指標を見つけ出す役割を果たす彼らは、医療の世界でこそ大きな成果を出すのでは、と期待されている。医療界は、他の分野に比べて業務や経営の効率化が徹底しておらず、まだまだ改良の余地が多くあると見られているからだ。

 一方で病院は、患者のバイタルデータ(血圧や体温、心拍数など)をはじめ、注射や経口薬剤のオーダーデータ、来院者やスタッフの動線データなど、データの宝庫ともいえる環境にある。

時間がかかり過ぎ、というクレームを減らす

 岐阜大学大学院 医学系研究科 医療情報学分野 教授の紀ノ定保臣氏は、「ビッグデータを活用した医療の質向上」と題して、大学病院でのビッグデータ活用に関して講演した(写真1)。

写真1●岐阜大学大学院 医学系研究科 医療情報学分野 教授の紀ノ定保臣氏
[画像のクリックで拡大表示]

 岐阜大学医学部附属病院は、病院全体で医療データを共有し活用するために、データウエアハウスを導入。診療科ごとの縦割りを排除し、データを中央のサーバーで一元管理。このデータを、院内のどこでもリアルタイムで閲覧・利用できる環境を整えている。

 まず、患者の動線を分析したケースについて説明した。多くの病院では、訪れる患者数は全体で○人、何科受診△人、検査が□人というデータを取得している。だが、データを部署ごとに記録しているのみの場合が多いという。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング