• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギーメガソーラーメガソーラー探訪 > 30社のパネルを設置した福島空港のメガソーラー

メガソーラー探訪

30社のパネルを設置した福島空港のメガソーラー

復興を担う再エネ産業の成長をバックアップ

  • 金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
  • 2014/06/10 00:00
  • 1/6ページ

 福島県の空の玄関、福島空港のある須賀川市は、ウルトラマンの生みの親、円谷英二の出身地。空港内にもウルトラマンの立像や大型パネルなどを常設展示している。今春、同空港にウルトラマンと同様、太陽エネルギーで活躍する“救世主”が登場した。福島復興のシンボルともいえるメガソーラー(大規模太陽光発電所)だ。

 郡山方面からクルマで同空港に向かい、県道を走っていると空港に着く直前、右手に様々な太陽光パネルを敷き詰めた太陽光発電設備が目に入る。今年4月14日に竣工式が開催され、稼働し始めた出力1.2MWの「福島空港メガソーラー」だ(図1)。福島県が主体となり、県内の官民から資金を集めて建設した。

図1●4月14日に開催した竣工式(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓