• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 部品点数1/4、質量1/2に---PM2.5測定機の設計改革

部品点数1/4、質量1/2に---PM2.5測定機の設計改革

 「徹底した機能分析で設計を改善すれば、高品質と低コストを両立できる」---こう語るのは大気分析装置や水質分析装置を開発・製造する東亜ディーケーケー(東亜DKK、本社東京)の専務取締役である高橋俊夫氏。中国の大気汚染で近年大きな注目を集めるようになったPM2.5(微小粒子状物質)の自動測定装置の大手メーカーである同社は、急増する需要に対応すべく、VE(Value Engineering)的な手法を採り入れて、品質向上プロジェクトに取り組んだ。製造の手戻りを削減するべく部品やユニットを見直したことで、従来のものに比べて加工部品点数は1/4になり、組み立て工数が減って1000分ほどかかっていた組み立て時間も半減。製造品質が安定し、組み立て後の調整における一連の動作試験の初回合格率は22%から100%へと大幅にアップした。

記事一覧

【技術者塾】(6/10開催)
トヨタ流原価企画と原価管理

設計前に「利益をつくる」ノウハウ


「利益の95%以上は原価企画で決まる」──。これがトヨタ自動車の“常識”です。原価こそ、最初につくり上げるべきもの。設計者が主導しながら、利益を生む原価をつくり上げる具体的な方法を伝授します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月10日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ