• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > JEITA、3DAモデルによる工程間連携を実務で検証

JEITA、3DAモデルによる工程間連携を実務で検証

ものづくりに必要な情報を一元的に扱うことを目的に考え出された3D単独図。形状を表現する3Dモデルに設計情報などを付加したデータである。
JEITA(電子情報技術産業協会)では現在、成果物中心のデータである従来の3D単独図と区別するため、これを「3DAモデル」と呼んでいる。ものづくりの各工程で活用していくためのデータという位置付けだ。
ただし、3DAモデルを実際に運用した際にどのような効果が得られるのか、解決すべき課題は何なのかは不明な部分も多い。その解明に向けて、JEITAは実証プロジェクトを実施した。(中山 力)

【技術者塾】(9/28開催)
データの意味が分かり、次を予測できる「多変量解析」入門

解析ソフトを用いて実践演習しながら理解する


測定したデータからその意味が分かり、次にどうなるかを予測できる「多変量解析」の考え方とその方法を学習します。パソコンを使った演習により、具体的な実施方法を体得することで実践力を身に付けることができます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年9月28日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ