半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

【第2部:転機】今こそ殻を破るとき、広がる技術者のフィールド

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2014/04/22 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2013年11月11日号 、pp.38-45 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

企業を去ることを余儀なくされ、行き場を失ったかに映る半導体技術者たち。だが、蓄えてきた知見を生かせるフィールドは、実は無限に広がっている。求められているのは、殻を破って新天地へ飛びだす勇気だ。

 「半導体の応用のすそ野はタテにもヨコにも大きく広がっている。思い切って“越境”すればいいだけ。うつむく必要はない」。

 中央大学 理工学部 電気電子情報通信工学科 教授の竹内健氏は、半導体技術者を取り巻く現状をそう感じている。タテの広がりとはハードウエア/ソフトウエア/サービスといった半導体ビジネスの「階層(レイヤー)」の広がり。ヨコの広がりは「分野」の広がりだ(図1)。

図1  広がる活躍のフィールド
半導体技術者の活躍の場は、同じ業界内の従来とは「異なるレイヤー」や、半導体分野の知見を必要とする「異分野」へと広がりつつある。
[画像のクリックで拡大表示]

 竹内氏自身、越境者である。東芝のフラッシュ・メモリ設計者だったが、2007年に大学へ転身。近ごろは研究分野でも越境している。ビッグデータのリアルタイム処理に必要なストレージやソフトウエアの研究に力を注いでいるのだ。「半導体を“ 作る技術”も重要だが、今は“使う技術”でビジネスを生みだす時代」(竹内氏)との思いが背景にはある。医療や農業、建設といった新しい応用分野にも常にアンテナを張り巡らせている。かつてに比べてフラッシュ・メモリの大容量化や低コスト化が進み、応用に厚みが出てきたことで、同氏自身の活躍の場もグッと広がってきた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング