ビッグデータ・M2M・IoT 新たな価値をもたらすITの最前線
 

第6回 ソーシャルクラウドにおけるデータストア

西村 元一=OSS推進フォーラム、鳥居 隆史、小林 大=NECクラウドシステム研究所
2014/05/14 00:00
印刷用ページ

ソーシャルクラウドとデータストア

 ソーシャルクラウドにおいて、データは絶え間なくセンサやモバイルデバイスなどから送られてくることが考えられる。データストアとはこのようなデータを効果的に処理し、高速で安全にデータを提供するための技術や手法を示している。ソーシャルクラウド基盤でのデータストアにおいては、処理の高速さや安全性に加え、保管したデータがどのような場合でも失われず、長期的に保管されるような仕組みや技術についても求められる。

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)がまとめた、「2011年東日本大震災に際して提供されたクラウドサービスの事例」に拠ると、東日本大震災の期に提供されたクラウドサービスとしては次のようなものがあげられる:

  • 業務アプリケーションのSaaS提供(日本ユニシス eSupplierや自治体クラウドなど、NEC各種SaaSやExplanner、富士通 各種SaaSやCRMate、IIJ、サイボウズなど)
  • PaaSの提供(Microsoft Azure、 住商や日立ISよりGoogle Appサービス各種他)
  • IaaSの提供(富士通、IBM Smart Business Cloud、NECビッグローブなど)

 以上の事から、震災時において利用されたクラウドサービスをレイヤーごとに分けた場合において、それぞれ重要となるデータストアには以下を考えることができる。

 (1)SaaS バックエンドとなる業務データベース
 (2)PaaSストレージサービスとしてユーザーに提供される大多数ユーザー向けストレージ領域
 (3)IaaS VMイメージを保存・提供する大容量のストレージ領域
 (4)SNSやブログなど通常のソーシャルサービスで用いられるデータストア・処理領域

 これらのサービスにおいても、利用されるデータストアは異なっており、従来のデータベースから大規模データストア、分散データストアなど様々である。ソーシャルクラウドにおけるデータストアのアーキテクチャを検討するにあたり、運用中の技術から研究中の技術までを対象に、性能や信頼性、構築・運用を実現するための技術について調査した結果を紹介する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング